顔に潤いを持たせる二つの方法

潤い

 

私は、昔から乾燥肌で少し油断してしまうと
すぐに顔がカサカサになってしまいます。

そんな乾燥肌の私カサカサを防ぐがある二つの方法を紹介します。

 

まず、一つ目はお風呂上がりのスキンケアです。

私はそれまで洗顔を軽くする程度で基本的にはほったらかしでした。

しかし、このままではいけないと思いスキンケアをしっかりすることにしました。

 

具体的には、洗顔をした後に化粧水を顔にかけます。

この化粧水はそんなに高くなくてもよいので、
とにかくたくさん顔にかけることを意識します。

少しいいものでパーフェクトワンを使ってみたかったりするんですが、
私は安いもので十分まかなえています。

 

そして、化粧水をかけて3分ぐらい待ったあとに乳液を顔に塗ります。

この乳液は重要なので多少高くてもいいものを使うと効果が出やすいと思います。

これだけで私はカサカサになることを予防できました。

 

次に、二つ目は睡眠時間をたくさん取ることです。

私は、夜更かしをするのが好きだったので
よく夜遅くまでテレビを見たり、ゲームをしたりしていました。

しかし、それでは顔のカサカサがひどくなってしまったので、
生活習慣を変えることにしました。

 

まず、夜の11時半にはベッドに入り、12時を回るまでには寝ることにしました。

そして、1日6時間はきっちり睡眠をとることにしました。

すると、今までよりも肌に潤いが出てきて、肌荒れも少なくなりました。

 

これが私が乾燥を防ぐためにしている二つの方法です。

なにもしなくては乾燥を予防することはできないので、
まずは顔に潤いを持たせるために行動することが大切だと思います。

コメントを残す